甘味オヤジの徒然ブログ

甘味好きのオヤジが、和洋問わずのスイーツ三昧のお話しを中心に、ギターや筋トレ、DIYなど、徒然なるままの雑記帳のようなブログです。

野毛は「もみぢ」さんの「大銅鑼焼」

甘味オヤジです。

 

年明け仕事が始まると、取引先

の方や、来社されるお客様から

お年賀を頂く事が多く、特に

今年はお菓子が多い気がします。

私がこんなブログを書いている

せいではないでしょうけどね。

 

頂き物を紹介するなんて、少し

下品でしょうけど、とっても

美味しかったので、お許しを!

 

こちらのどらやきも、その

おもたせの中の一つです。

f:id:kimuyuki1960:20220115161818j:plain

横浜は野毛
老舗菓子店もみぢ菓子司さんの
「大銅鑼焼」です

ここ1-2年は世の中の趨勢に

従って、越境してのお出掛け

を遠慮していた横浜は桜木町

ですが、以前は「パシフィコ

横浜」でのイベントなんかに

ちょくちょく出掛けてました。

 

ランドマークプラザ」や

クイーンズスクエア横浜

を素見すぐらいで、近くに

ある野毛の商店街までは足

を伸ばす事はありませんでし

た。

頂いた「大銅鑼焼」

パッケージを見たら、住所は

「野毛」、桜木町駅からは目

と鼻です。

 

この「もみぢ菓子司舗」さんは

昭和21年創業で、野毛では

一番古い和菓子店なんだとか。

そして「大銅鑼焼」神奈川県

指定銘菓にもなってるんですよ。

f:id:kimuyuki1960:20220115165721j:plain

「大銅鑼焼」の皮は
横浜らしく
船の浮き輪の焼印入り

f:id:kimuyuki1960:20220115170256j:plain

餡は私好みの
丹波大納言
つぶ餡です

優に10cmはあるその大きさと

タップリのあんこ、食べごたえも

あり、1個で大満足でした。

 

今回は金のパッケージの「くろ餡」

でしたが、他に銀のパッケージ

「しろ餡」もあるそうです。

世の中がもう少し落ち着いて、気

を使わずに遊びに行けるようにな

ったら、昭和レトロな野毛の商店

へ行って、「もみぢ菓子司舗」

さんを訪れてみたいものです。

 

ごちそうさまでした。

 

 



 

 

スポンサーリンク