甘味オヤジの徒然ブログ

甘味好きのオヤジが、和洋問わずのスイーツ三昧のお話しを中心に、ギターや筋トレ、DIYなど、徒然なるままの雑記帳のようなブログです。

親心の「あんドーナツ」、子知らず!

甘味オヤジです。

 

先日本当に久しぶりに帰省しました。

コロナ禍以前は年に1度は帰省して

いましたが、この状況下我慢の3年

が経ってしまいました。

帰省と言っても、自分の実家ではな

く、福島県会津若松市の連れ合い

さんの実家なんですがね。

この辺です

帰省をすれば私は長女の婿さんとし

てとっても大事にしてもらえます。

このブログで登場する会津のお菓子

は、私の好物って事で義母が贈って

くれたものなんですよ。

 

用事を済ませ、実家を後にしようと

したときに、義母娘である連れ合

いさんに、『お前が学生の頃、美味

しいって食べてたから、買ってきて

おいたよ』と渡した物がありました。

中身を見ると揚げパンのようなもの

が入ってました。

これ好きだったでしょ?』って

(※義母の言葉はガッツリのネイテ

ィブ会津弁で、VTRだったらテロッ

プが入るレベルなんですが、文章な

ので翻訳して書いてます。お義母さ

んごめんなさい。m(_ _)mスンマセーーン!)

 

渡された方の連れ合いさんは、『

、ぁ、ありがとぅ』って感じの低め

のテンションで、若干ポカ~ン顔で

した。

これ好きって言ったかなぁ~?

 

私が思うに、” 多分、絶対、完全に

言ってます ! ”

これ、今もよくある件なんですよ、

連れ合いさんと暮らしてると。

あぁ~、※△◎■が食べたいな

って言われたとするじゃないですか

この事を覚えていて、ある日『どこ

そこに行ったら※△◎■があったか

ら買って来たよ~』って渡すと、『

あ、ぁ、ありがとぅ』っては言って

くれますが、直ぐに食べるでもなく

食べないの?』って聞くと、『

でね』って、そんなでも無い感じで

この前食べたいって言ってたでし

ょ?』って聞くと、『この前はね

ジャンジャン!って事で終わります。

 

言われた方はね、” あぁ~これ食べ

たいって言ってたな " って覚えてる

もんなですよ。

義母もきっと、久しぶりに帰って来

た娘に、昔美味しいって食べてた物

を買って持たせてやりたいなって想

いで、わざわざ用意してくれたんで

しょうね。有り難い「親心」ですよ。

残念ながら当の本人には、あまり響

かなかったようですがね。

 

という事で義母が買ってくれたのが

これです

会津若松市は市民センター前の

吉田菓子舗」さんの「あんドーナ

」です。

城下町「会津若松」には、老舗のお

菓子屋さんが沢山ありますが、こち

ら「吉田菓子舗」さんも創業100年

以上の歴史を持つ和菓子屋さんです。

観光ガイドやグルメガイドにあまり

登場することの無い、地元で地元民

に愛されているお店なんですよ。

和菓子屋さんですが、惣菜パンが

人気だそうで、「とんかつパン」や

ら「ころっけパン」「はむさんど」

が特に人気で、お店に並ぶと直ぐに

売り切れちゃうんだとか。

その中のひとつが、この「あんドー

ナツ」なんですね。

餡は「つぶあん」ですね

あんパンを揚げて、たっぷりと

砂糖がまぶしてあります。

この「あんこ」が良いんですよ!

昨今は「そんなに甘く無くて」⇒

「美味しい」って流れでですが、

この「あんドーナツ」の「あんこ

メッチャ甘いんです

体感糖度は60度を超えてます!

甘さを控えた近頃の「あんこ」に

は、糖度47度なんて物もある様で

久々に昔ながらの「甘いあんこ

に出会えた感じがしました。

 

その甘いあんこのドーナツに、タ

ップリ掛けの砂糖ですよ、甘党の

私にはたまらない美味しさですが

辛党の連れ合いさんが、いくら娘

時代とは言え、この「あんドーナ

」を、美味しいって頬張る姿は

想像し難い事ではあるんですが。

でも、そんな事がきっとあったん

でしょうね、それを義母は覚えて

いた訳で、親心とは本当に有り難

いものです。その心を残念ながら

子知らずですが....(。>д<。)

 

お義母さん、いつもいつも私の好

物を贈っていただいて、ありがと

うございます。

娘さんはそうでも無かった様です

が、私は大変美味しく頂きました

よ。ごちそうさまでした。

いつまでも、元気で長生きしてく

ださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク