甘味オヤジの徒然ブログ

甘味好きのオヤジが、和洋問わずのスイーツ三昧のお話しを中心に、ギターや筋トレ、DIYなど、徒然なるままの雑記帳のようなブログです。

通りすがりの「うっかり団子」

甘味オヤジです。

 

”通りすがりの※◎△◆” んっ?

以前にも使ったタイトルキャッチ

ですね。

これってシリーズ化の予感がしますが…

 

それはさておき、週末帰宅途中の

駅改札近くで、足が止まりました。

f:id:kimuyuki1960:20210410211557j:plain

(⊙o⊙)だっ、だっ、団子屋さんだぁ~!!!

昨日までマスク屋さんだったのに、です。

f:id:kimuyuki1960:20210410212534j:plain

並んでいます、並んでいます、お団子に大福、わらび餅まで所狭しと

コロナや北風、色んなものに抗って

一週間頑張ると、時々こんなご褒美が

貰えるんですよね。

甘味の神様、ありがとうございます。

 

では遠慮なく、行かさせていただきます。

 

f:id:kimuyuki1960:20210410213507j:plain

「御菓子司誠玄介」さん大原三千院本店の特設販売だそうです

京都で、大原で、三千院で、ほらもう

美味しくない訳がない! 知らんけど…

 

何を頂きまひょ?(急に京都弁)

お団子屋さんですが、やっぱり大福は

外せません。

「玄印塩大福」と「玄印茶屋団子」

をチョイス。

大事に抱えて家路を急ぎました。

 

f:id:kimuyuki1960:20210410215156j:plain

先ずは「玄印塩大福」から

店名を冠した大福餅です。

「奥長良川の澄んだ水で、コシのある

食感に仕上げたもちもちの逸品です。」

と折掛け紙にあるとおり、生地は

佐賀の餅米を使い、羽二重餅のような

食感です。餡は北海道の小豆を上白糖

で仕上げたつぶ餡です。

”もちもち”と言うより”ぷるぷる”で甘く

ない生地が、上品な甘さの餡を引き立て

て、”はんなり”とした美味しさです。

f:id:kimuyuki1960:20210410221004j:plain

そしてこれが「玄印茶屋団子」

後で分かった事ですが、「うっかり団子」の

”うっかり”はうっかり垂れないタレ団子から

とか、そう言えば「みたらしタレ団子」が

一番売れていました。

みたらしも買えば良かった!

”うっかり”してたなぁ~ 〆(´Д` )

f:id:kimuyuki1960:20210410221623j:plain

「玄印茶屋団子」は三色団子

「玄印茶屋団子」は芋餡・こし餡・粒餡の三色

の絵に描いたような串団子です。

生地は上新粉で少し歯ごたえがある仕上がりに。

クリーミーな芋餡、さらりと滑かなこし餡、

しっかりとした粒餡と、三種類の違った美味しさ

が味わえて、ちょっとお得な三色団子です。

 

今回の「御菓子司誠玄介」さんも、前回の

”通りすがりの「カラフル大福」”の「iroHa」さんも

たまたま出会った特設販売のお菓子屋さんですが、

「美味しかったからまた食べたいなぁ」と思って

も、通販対応がなかったり、実店舗の情報が

少なかったりと、次に出会えるのはいつの事やら

って感じです。

この「通りすがりシリーズ」(いつシリーズ化が

決まったの?)は、そんな一期一会の貴重な甘味

たちを紹介するシリーズになりそうです。

 

「御菓子司誠玄介」さん、ごちそうさまでした。

 

 

間に合いましたぁ~、湯島「つる瀬」さんの季節限定「桜大福」

甘味オヤジです。

 

この季節、楽しみにしている甘味の一つは

湯島「つる瀬」さんの「桜大福」なんですが...

f:id:kimuyuki1960:20210403204409j:plain

見ごろを過ぎた「不忍の池」畔の桜はもう葉桜寸前

f:id:kimuyuki1960:20210403204743j:plain

対岸にギリギリ花見が出来そうな桜並木が見えますね

まだ間に合うと分かっていても、慌てて

「つる瀬」さんへ向かいます。

f:id:kimuyuki1960:20210403205200j:plain

間に合いましたぁ~、湯島「つる瀬」さんの季節限定「桜大福」

f:id:kimuyuki1960:20210403205053j:plain

「つる瀬」さんは、文京区湯島天神
お膝元にある創業昭和5年(「つる瀬」
の屋号に変わったのは昭和30年)の
老舗和菓子店です。

f:id:kimuyuki1960:20210403205430j:plain

店先に張り出された材料の一覧は、

「つる瀬」さんの菓子作りに対する

真摯な姿勢と、その品質への自信を

感じますね。

f:id:kimuyuki1960:20210403205648j:plain

では早速頂くとしましょう

f:id:kimuyuki1960:20210403205747j:plain

コレコレ! 一年ぶりのお楽しみ

塩漬けの桜の葉が練り込まれた生地で、

甘さ控えめのこし餡が包まれています。

一口食べると、桜の葉の香りがほわ~ん

と鼻に抜け、絶妙な塩梅の甘さと塩気の

こし餡がさらっと口溶けます。

今年も味わうことが出来て、あぁ~幸せ!

 

季節限定「桜大福」も美味しいけれど

やはり、餅良し、餡良し、豆も良しの

大きな福を味わえる「つる瀬」さんの

看板商品「豆大福」は、季節に関わらず

外せない甘味の筆頭です。

f:id:kimuyuki1960:20210403210233j:plain

私の中で大福餅と言えばこれ「つる瀬」さんの「豆大福」

餡は北海道十勝産豊祝小豆を、

伝承技法で茹で上げ、練り上げられた

つぶ餡を、赤えんどう豆が多めに散り

ばめられた生地で包んだ絶品です。

f:id:kimuyuki1960:20210403211728j:plain

甘味オヤジ史上、この「つる瀬」さんの

「豆大福」が世の中あまたある大福餅の

私の”大福餅基準”になっていて、様々な

美味しい大福餅を頂いて来ましたが、

やっぱりこの「豆大福」に帰ってくる、

言わばホーム大福餅なんです。

 

「つる瀬」さんの「豆大福」、大好きです。

ごちそうさまでした。

 

以前もご紹介した去年の動画です。

よろしければこちらもどうぞ。

youtu.be

 

 

 

ジム通い、牛歩のごとし、道半ば... からのアップルパイ!

甘味オヤジです。

 

今年の初め、1月3日にアップしたブログで

ジム通い半年現在の成果を書いて3ヵ月が

経ちました。

 

3ヵ月前のポッチャリ着ぐるみ姿がこれです。

f:id:kimuyuki1960:20210328161831j:plain

2021年1月現在 体重:63.6 体脂肪率:23.4 でした

その後、週に1回(時折2回)のジム通いを

続けて来ましたが、部位別サイズがあんまり

変わらずにほぼ横ばいの、いまココです。

上腕周り:31㎝  →  31.5㎝

胸囲:92㎝    →  93㎝

腹囲:89㎝    →  88.5㎝

太腿周り:51㎝  →  49㎝

でも、体重は62.1㎏、体脂肪率21.5%ですよ。

って事は、脂肪が筋肉に置き換わってる?

なんて勝手な解釈でいいんでしょうかね?

見た目はこんな感じです。

f:id:kimuyuki1960:20210328161928j:plain

冬物の着ぐるみを春物に着替えたくらいの感じに見えなくもない...かな?

相変わらずの甘味三昧の生活を続けつつ

体形のトランスフォームを図ると言う、

壮大なテーマの下(そんなテーマだっ

ったっけ?)、どこへ向かっているのか

本人にも不明ですが、牛歩のごとく前に

進んではいるって事ですよ。

 

なので、今日も歩みを止めることなく、

甘味三昧です。

 

最近リニューアルオープンをした駅前の

スーパー「MaxValu」の店内調製デリカ

に、パン屋さんコーナーが出来たんです。

食パンや調理パンの他、プリンやシュー

クリームも並んでいます。

そこにあったのがこれです。

f:id:kimuyuki1960:20210328162407j:plain

APD(アップルパイ大好き)な私が見逃すはずありません

f:id:kimuyuki1960:20210328162547j:plain

今日は爽やかなミントティーで頂きます

f:id:kimuyuki1960:20210328162702j:plain

いい感じに砂糖煮されたリンゴがたっぷり

カスタードクリームをもう少し欲しかった

ところですが、パイは1枚が2枚、2枚が4枚、

4枚が...

と、ちゃんと折り重ねて焼かれた本格派です。

こんなアップルパイが近所のスーパーで

買えるんですよ。 リピート必至です。

 

上腕二頭筋に軽~い筋肉痛を感じながら、

パイを口に運んだ本日の甘味でした。

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

会津の天神さま

甘味オヤジです。

 

このブログに時折登場する連れ合いの

会津の実家より、大好物のお菓子を

送って戴きました。

f:id:kimuyuki1960:20210321085008j:plain

会津坂下町に本社を置く「太郎庵」さんの「会津の天神さま」です。

「天神様」は400年の歴史を持つ

会津の郷土玩具なんです。

学問の神様「菅原道真」を模った張り子

の人形で、男の子が居る家庭では端午

節句にお飾りして、健やかな成長を

願います。

f:id:kimuyuki1960:20210321090116j:plain

パッケージにもその想いが書かれていますね

f:id:kimuyuki1960:20210321090259j:plain

f:id:kimuyuki1960:20210321092828j:plain

直径10cmほどのブッセ

その名を冠したこのお菓子「会津

天神さま」は、バタークリームを

ふわっふわのブッセでサンドした

洋風菓子で、「太郎庵」さん開店

昭和54年以来のロングセラー、

私も発売当初からの大ファンです。

f:id:kimuyuki1960:20210321093040j:plain

たっぷりのバタークリーム

これがオリジナルの「天神さま」

北海道産の有塩バター(雪印製だそうです)

に練りこまれたプロセスチーズの粒が

アクセント、甘いブッセとの相性は

最高です。

甘味オヤジ流の食べ方は、すぐに

食べたい気持ちを必死で抑え、一晩

冷蔵庫でしっかり冷やします。すると

ブッセのふわっふわ感はそのままに、

サンドされたバタークリームが程好い

硬さになります。

それを豪快にガブリって頬張るんです。

口の中で溶け出すバタークリームの

風味を味わいつつ、プロセスチーズの

粒々食感を楽しみます。

あぁ~幸せ!!

 

近年バリエーションも増えて、季節

限定物など、楽しみが増えました。

f:id:kimuyuki1960:20210321094542j:plain

「いちごミルク」は1月から4月の季節限定

f:id:kimuyuki1960:20210321094808j:plain

甘酸っぱい乾燥いちごの粒々が効いてます

f:id:kimuyuki1960:20210321095530j:plain

今までの新作とは一線を画すパッケージ

 

f:id:kimuyuki1960:20210321100745j:plain

新作の「カルフォルニアラムレーズン」

クリームは和三盆糖を使い、甘さを

控え目に、生地に使用の小麦粉も変えて

ラムレーズンに合う焼き上がりに

したそうです。

いつも変わらない美味しさのオリジナル

と、新しさを取り入れた新鮮な美味しさ

は「太郎庵」さんの魅力の一つですね。

 また楽しませていただきます。

 

会津は実母の故郷でもあり、会津の女性

を妻に持った亡き父を見て育った私は、

会津からは嫁はもらわないぞ!!”っと

決めてはいたんですが、縁を戴き出会った

のが連れ合いなんです。

魔が差したと言うか、一目ぼれと言いますか

連れ添って30余年、ぺしゃんこにされる

心地よさは、このふわっふわなブッセの

ように、なかなかに甘味なもんですよ。

 

会津は菓子処、他にもいろいろご紹介したい

お菓子がいっぱいあります。

折を見てご紹介しますね。

 

 ごちそうさまでした。

 

横濱元町 ”霧笛楼" の横濱煉瓦

甘味オヤジです。

 

緊急事態宣言が解除されましたね。

でもここが正念場、気を緩めずに

新しい生活様式をしっかりと守り

つつ過ごさねばと、あらためて

思います。

 

そんな中、取引先の方から戴いた

ガトーショコラを、食後のデザート

に頂きました。

 

f:id:kimuyuki1960:20210322211049j:plain

知る人ぞ知るフレンチレストラン 横濱元町 ”霧笛楼” の横濱煉瓦です

約3cm×7cmほどの小さなチョコレート

ケーキ、でも侮ってはいけません、

とっても濃厚で、程好い苦みの大人の

味です。

チョコレート好きを引き付けて止まない

美味しさですね。

f:id:kimuyuki1960:20210322212421j:plain

濃い目に淹れた珈琲で

横濱元町 ”霧笛楼” と聞いて、連れ合いが

反応!

「霧笛楼さんで使っている食器は、”横浜

増田窯” の物が多いのよ!」

って鼻の孔を膨らませて教えてくれました。

 

「だったら、この ”ant" のフリーマグを

使えば」と、出してくれました。

”ant" は増田窯のサブ・ブランドで、使い

勝手の良い、日常使いの食器です。

f:id:kimuyuki1960:20210322214000j:plain

可愛い "蟻(ant)" のマークに "yokohama” のロゴ

このマグも 「そばちょこ」 になったり

「珈琲マグ」になったりと、我が家では

重宝している器です。

 

思いがけず、横浜元町 霧笛楼で繫がった

今日のデザードでした。

 

ごちそうさまでした。

 

通りすがりの「カラフル大福」

甘味オヤジです。

 

緊急事態宣言解除寸前の週末、

乗り合わせたオッサンのクシャミ

に怯えながら、まだまだ命懸けの

リアル通勤を続けてます。

 

そんな通勤途中の乗り換え駅で、

まるでオアシスの様な光景に出会い

足が釘付けに...

f:id:kimuyuki1960:20210320162716j:plain

色とりどりのカラフルな大福餅たちが雛壇に並んで

f:id:kimuyuki1960:20210320162922j:plain

羽二重もち米の和菓子バイキングなるポスターが

一週間頑張った自分に、今週のご褒美

はコレだぁ~!とばかりに、トレイを

手に取り勇んで列に並んで見たものの、

20種類はあろうかと、居並ぶ番重の

隊列に迷う、優柔不断な自分を嘆きつつ、

厳選したのがこの5種類です。

f:id:kimuyuki1960:20210320164845j:plain

手前から「北海道メロン大福」「焼き餅(よもぎ)」「黒豆大福(塩粒あん)」「カスタード大福」「ミルクキャラメル大福」

f:id:kimuyuki1960:20210320165513j:plain

出来ることならコンプリートしたかったなぁ~

特設出店をされていた「iroHa」さんは、
滋賀県高島市でこのカラフルな大福
たちを作られているとの事です。
そしてこの「カラフル大福」が、地元
で新商品・新サービスの開発を促進し、
高島市の認知度向上や、地域活性化
図るために企画されたイベント第5回
「高島いいモノ・いいコトグランプリ」
で最優秀賞を受賞されたそうです。

「和菓子・大福・iroHa」株式会社天平 | 高島いいモノ・いいコトグランプリ (takashima-syo.jp)

 

さて、実食と行きましょう!

f:id:kimuyuki1960:20210320172603j:plain

「北海道メロン大福」と「焼き餅(よもぎ)」

滋賀県産の羽二重もち米を使用した

餅生地の食感は、フワッと軽く伸び

のある優しいものです。添付の食品

シールを見ると、餡にはしっかりと

「メロン果汁」が使われていて、口

に含むとメロンの香りが鼻に抜けて

大福としては、初めての感じです。

焼き餅は、しっかりと食べ応えのあ

る餅とつぶ餡の、ずっしりした好み

のタイプです。

f:id:kimuyuki1960:20210320174525j:plain

「黒豆大福(塩粒あん)」と「カスタード大福」

黒豆大福はいわゆる「塩大福」の

餅感とはちょっと違う、やはり

羽二重餅的なフワッとした口当たり

です。

和菓子にカスタードの組み合わせは、

今川焼やたい焼きですでに経験済で

すが、餅とカスタードは新しい!

二個目に行きたくなる美味しさです。

f:id:kimuyuki1960:20210320180025j:plain

「ミルクキャラメル大福」

これはもう ”ヌーベル大福” ですね。

食べてみると、ホイップクリーム

キャラメルソースが口の中で、上品

に主張し合って、羽二重餅の食感と

洋な味わいの不思議な美味しさです。

 

この「カラフル大福」が買えるのは

駅中の特設か、百貨店のイベント等

で、常設店舗も無く、WEBでのお取

寄せも出来ないようです。

どこかで特設売り場を見つけたら、

次はちょっと冒険をして、クリーム

ソーダ大福に挑戦しようっと!

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

開かずの桃

甘味オヤジです。

 

やっと開いたんです!

シロップ漬けの桃の瓶の蓋が。

(”の”が多い)

f:id:kimuyuki1960:20210313100403j:plain

美味しそうな桃のシロップ漬けですね

 

遡ること3ヶ月前、昨年暮に戴いた桃

のシロップ漬け。

f:id:kimuyuki1960:20210313083635j:plain

たっぷり入ってましたが、開いたのが嬉しくてすぐに食べちゃいました

食べかけの写真ですみません

これがまぁ開かない!!

瓶口が大きい事もあって、ちょうど力が

入りにくい直径です。

瓶の蓋が開かない場合、いつもだったら

連れ合いに渡せば「開いたわよ」っと事

も無げに返してくれるのですが、流石に

この蓋は開きませんでした。

その間何度か挑戦するも、なかなか開か

ずに3ヵ月、ここへ来て素手での開封

諦めて、瓶の破損を恐れて使わなかった

道具を使い見事開きました!

f:id:kimuyuki1960:20210313094713j:plain

包丁の峰で「コンコン」と、根気よく叩く事30分

後にネットで調べてみると、こんなに

苦労せずとも開けることが出来る方法

が出てました。

沸かしたお湯に、1分間ほど蓋の部分

だけを浸して(火は止める)から取り

出して、すぐに蓋をひねれば開くとの

ことです。

今度こんな強敵に出会った時に、是非

試してみます。

 

と、いう事で主役の″桃”を頂きました。

今まで食べた「桃のシロップ漬け」と

はまるで別物でした。

生の桃を食べた食感そのものです。

甘すぎないシロップのせいでしょうか

桃本来の味と歯ごたえが感じられて、

この季節に桃を頂く贅沢も味わうこと

も出来ました。

 

f:id:kimuyuki1960:20210313100747j:plain

ちょうど手作りのヨーグルトも出来たので、合わせてみました

f:id:kimuyuki1960:20210313101922j:plain

 

上質な桃の食感、ヨーグルトの程よい

酸味、ちょっとだけ掛けたハチミツの

風味、三つ巴の美味しさで大満足です。

 

この桃の瓶詰をお取り寄せ出来ない物

かとググってみましたが、確かな情報

に行き当たる事が出来ませんでした。

「幻の桃のシロップ漬け」になってし

しまうのでしょうか。

 

また出会える事を願い、情報を集めた

いと思えるほど、おいしい桃でした。

 

ごちそうさまでした。