甘味オヤジの徒然ブログ

甘味好きのオヤジが、和洋問わずのスイーツ三昧のお話しを中心に、ギターや筋トレ、DIYなど、徒然なるままの雑記帳のようなブログです。

通りすがりの「うっかり団子」

甘味オヤジです。

 

”通りすがりの※◎△◆” んっ?

以前にも使ったタイトルキャッチ

ですね。

これってシリーズ化の予感がしますが…

 

それはさておき、週末帰宅途中の

駅改札近くで、足が止まりました。

f:id:kimuyuki1960:20210410211557j:plain

(⊙o⊙)だっ、だっ、団子屋さんだぁ~!!!

昨日までマスク屋さんだったのに、です。

f:id:kimuyuki1960:20210410212534j:plain

並んでいます、並んでいます、お団子に大福、わらび餅まで所狭しと

コロナや北風、色んなものに抗って

一週間頑張ると、時々こんなご褒美が

貰えるんですよね。

甘味の神様、ありがとうございます。

 

では遠慮なく、行かさせていただきます。

 

f:id:kimuyuki1960:20210410213507j:plain

「御菓子司誠玄介」さん大原三千院本店の特設販売だそうです

京都で、大原で、三千院で、ほらもう

美味しくない訳がない! 知らんけど…

 

何を頂きまひょ?(急に京都弁)

お団子屋さんですが、やっぱり大福は

外せません。

「玄印塩大福」と「玄印茶屋団子」

をチョイス。

大事に抱えて家路を急ぎました。

 

f:id:kimuyuki1960:20210410215156j:plain

先ずは「玄印塩大福」から

店名を冠した大福餅です。

「奥長良川の澄んだ水で、コシのある

食感に仕上げたもちもちの逸品です。」

と折掛け紙にあるとおり、生地は

佐賀の餅米を使い、羽二重餅のような

食感です。餡は北海道の小豆を上白糖

で仕上げたつぶ餡です。

”もちもち”と言うより”ぷるぷる”で甘く

ない生地が、上品な甘さの餡を引き立て

て、”はんなり”とした美味しさです。

f:id:kimuyuki1960:20210410221004j:plain

そしてこれが「玄印茶屋団子」

後で分かった事ですが、「うっかり団子」の

”うっかり”はうっかり垂れないタレ団子から

とか、そう言えば「みたらしタレ団子」が

一番売れていました。

みたらしも買えば良かった!

”うっかり”してたなぁ~ 〆(´Д` )

f:id:kimuyuki1960:20210410221623j:plain

「玄印茶屋団子」は三色団子

「玄印茶屋団子」は芋餡・こし餡・粒餡の三色

の絵に描いたような串団子です。

生地は上新粉で少し歯ごたえがある仕上がりに。

クリーミーな芋餡、さらりと滑かなこし餡、

しっかりとした粒餡と、三種類の違った美味しさ

が味わえて、ちょっとお得な三色団子です。

 

今回の「御菓子司誠玄介」さんも、前回の

”通りすがりの「カラフル大福」”の「iroHa」さんも

たまたま出会った特設販売のお菓子屋さんですが、

「美味しかったからまた食べたいなぁ」と思って

も、通販対応がなかったり、実店舗の情報が

少なかったりと、次に出会えるのはいつの事やら

って感じです。

この「通りすがりシリーズ」(いつシリーズ化が

決まったの?)は、そんな一期一会の貴重な甘味

たちを紹介するシリーズになりそうです。

 

「御菓子司誠玄介」さん、ごちそうさまでした。